5月・6月は大麦の収穫の季節。
大麦の実りをみなさまにお見せしたいです。

私が初めて大麦に出会ったのは、サッポロビール様の群馬工場の育種大麦畑。育て手の優しい笑顔に心をうたれ、大麦のチカラを感じ、たまらなく応援したくなったきっかけになりました。育種家のとてもおおらかな言葉がココロに染み入りました。
「大麦の恵みをわれわれだけが得るのは申し訳ない。ちゃんと生きている鳥にもわけるために、一番端の道に沿った大麦の列はすずめや他の鳥用なんだよ。」って。
本来の大麦の味わいが楽しめて、大麦のちからを感じる素朴でみなさまが大麦を好きになっていただけることが間違えのない大麦パンをご紹介をします。

この大麦パンは、薄力粉を使ったソーダブレッドです。どんな方でも作れるように、そして召し上がっていただけるように、アレルギーの方にも召し上がっていただけるように卵も使わずにご提供しました。牛乳は豆乳に変えていただいても、そしてもちろん、お水でも結構です。
焼きたてもおいしいですが、時間を置くと堅くなりますが、オーブントースターで温めなおしていただくとまたおいしくいただけます。私は、このパンが大好きです。おつくり下さった皆様の喜ぶ笑顔があふれることを楽しみにしています。ぜひ、ご感想をお聞かせください。

2006年6月吉日  食デザイナー 管理栄養士 平野美由紀

 

大麦パン

●材料
押 麦・・・・・50g

A  薄力粉・・・・・75g
   全粒粉・・・・・75g
   砂糖(きび砂糖)・・・・・小さじ2
   塩   ・・・・・小さじ1/3
   ベーキングパウダー・・・・・小さじ1と1/2

牛  乳・・・・・110g
全粒粉・・・・・大さじ2


1. 押麦とかぶる程度の水を鍋に加えて中火にかける。
沸騰したら、弱火で15分茹でる。 写真[作り方1]
ざるにあげ、水けをきり、飾り用に大さじ1杯分を取り分ける。
2. ボウルにAをあわせてスプーンでよく混ぜる。
3. 押麦と牛乳を加え、スプーンでさっくり混ぜる。  写真[作り方2] [作り方3]
4. 3の粉っぽさがなくなったら、オーブンシートを敷いた天板におき、丸く形作る。
5. 4に全粒粉をかけ、1で残しておいたゆで押麦を水洗いして、ちらす。
生地にナイフで十字の切れ目を入れ、190℃に予熱したオーブンで40分ほど焼く。  写真[作り方4]

     
[作り方1]
大麦をゆでる
  [作り方2]
粉にゆでた押麦を入れる
  [作り方3]
大麦に粉がまとわりついたら牛乳を加える
  [作り方4]
生地に切れ込みを入れる

メニューへもどる