クリスマスもやっぱり大麦。

ご馳走を食べるクリスマスだからこそ、大麦が大活躍するのです。

クリスマスといえば、シャンパンやワイン、七面鳥に内臓を詰め込んで丸焼きにしたり、鶏のローストもいいですね。最後にブッシュドノエル。脂肪や糖分がたっぷり、さらに、コレステロールもタップリ。そこで大麦をプラスすると、ご存知、豊富に含まれるβ-グルカンが糖質の吸収を穏やかにし、脂質やコレステロール排泄を促すのです。大麦の活躍でおいしい時を豊かに愉しめます。

ホームパーティでも大麦を利用しておいしくてヘルシーな生活ができたらステキですね。また、外食でも大麦を上手に扱う賢い料理人のお店が登場すると、食事をする人の健康度が上がります。たくさんの方が大麦に注目してくださることを期待しています。

今回のレシピは、クリスマスだけでなく、パーティでも、日常でも作りたくなる簡単すぎる大麦レシピを2点ご紹介します。盛りつけの工夫だけで、華やかに変身します。お試しいただき、ますます大麦ワールドが広がりますように。

今年もお世話になりました。大麦のおかげで健康です。

来年もおいしくて、健康に貢献するかわいい大麦を応援し続けましょう。

2006年12月吉日  食デザイナー 管理栄養士 平野美由紀

 

大麦とまぐろのタルタル&大麦ココット

簡単なのに、盛りつけを工夫すれば、とても華やか。
麦のプチプチ感がおいしいクリスマスのご馳走です。

●大麦とまぐろのタルタルの材料(4人分)
まぐろ(赤身)

200g

押し麦(ゆで)

50g

エシャレット 20g
万能葱 10g
イタリアンパセリ 適宜
A:粒マスタード 大さじ1
  オリーブ油 大さじ2
  塩・こしょう 少々
バルサミコ酢  適宜
オリーブ油 適宜

●大麦ココットの材料(2人分)

押し麦(ゆで)

80g

A:牛乳

1カップ

  メープルシロップ 大さじ3
  塩 少々
りんご(角切り) 1/4個
シナモンパウダー 適宜

 

 


【大麦とまぐろのタルタル】
1.

まぐろとエシャレット、イタリアンパセリはみじん切りにし、万能葱は小口切りにする。

2.

1と押し麦、Aを混ぜ合わせ、スプーンで形を作って皿に盛りつける。 オリーブ油とバルサミコ酢をかけ、イタリアンパセリを飾る。[作り方1]


【大麦ココット】

1.

鍋にシナモン以外のすべての材料を加えて、蓋をして火にかけ、弱火で15分煮る。 [作り方2]  [作り方3] 

2.

器に盛り付け、シナモンパウダーをふりかけ、りんごを飾る。



   
[作り方1]
みじん切りにした材料と調味料をまぜるだけ。
  [作り方2]
鍋に全ての材料を加えて火にかけます。
  [作り方3]
弱火で15分煮た状態

メニューへもどる