大麦亭アイディアレシピ

大麦レシピ募集につきまして、昨年の大麦シンポジウムで講演いただいた日本大学短期大学部の神戸先生のゼミの方に参加いただきました。大麦の良いところを活かしながら、栄養価、食事バランスにも配慮いただいたレシピを応募いただきました。
今回は、菊地里菜さん考案の、大麦の自然なとろみがポイントとなる「大麦入り肉味噌」。
坦々麺にもご飯にもあうレシピをご紹介いたします。 

麺にも、ご飯にもあう
大麦の自然なとろみがポイント!

大麦入り肉味噌

大麦入り肉味噌 ●材料(1回分)
大麦 20g
(もっちり麦またはビタバレー)  
100g
豚挽き肉 200g
生椎茸 3個
サニーレタス 4~6枚
ねぎ 1/2本
にんにく 1/2かけ
しょうが 1/2かけ
調味料  
味噌 大さじ3
サラダ油 大さじ1
砂糖 小さじ2

 
1.

大麦を水からゆでて、沸騰したところでお湯を切っておいておきます。

2.

椎茸は石づきを取り、荒みじんに切ります。 ねぎは縦に数本切れ目を入れて荒みじんに切ります。
にんにくとしょうがはみじん切りに切ります。

3.

フライパンに油をひき、にんにくとしょうがを炒め、香りが出てきたらねぎと椎茸を入れ炒めます。

4.

挽き肉を入れてポロポロになるまで炒め、ゆでた大麦と混ぜ、砂糖、みそを加えて和え、お皿に盛りつけて出来上がりです。


作り方とレシピのポイント

(日本大学短期大学部 菊地里菜さん)


大麦を使うことでカロリーが抑えられると同時に、食物繊維の摂取も無理なくできます。
片栗粉を使わないで、大麦を加えることで自然なとろみを出すことができます。


●《栄養価》 ~挽肉100g当り~
エネルギー
400kcal
たんぱく質
24.5g
脂質
23.0g
カルシウム
52g
ビタミンC
7g
塩分
3.6g
食物繊維
4.2g
食事バランスガイド

栄養価及び食事バランスガイドは、肉みそのみの表示です。(サニーレタスは除く)


 
 
●食事バランスガイドについて

「食事バランスガイド」は、健康で豊かな食生活の実現 を目的に策定された 「食生活指針」(平成12年3月)を具体的 に行動に結びつけるものとして、平成17年6月に農林水産省と厚生労働省 により決定されました。
http://www.shokuji-balance.com/about/index.html
本レシピ紹介では、各食品の摂取量を1日全体の 摂取量として数値化できるように、 小数点であらわしています。

 

★応用編★
「大麦入り肉味噌」は、いろいろな応用ができます。麺やご飯との相性もばっちりです。

坦々麺 ごはんと一緒に

メニューへもどる